海が汚れてしまう

魚がゴミを食べてしまう

人間は、魚を食べます。
その魚に有害な成分が含まれていたら、病気を発症するかもしれません。
海に汚いゴミが流れて、魚がゴミを食べると有害物質が発生します。
魚を食べられなくなるので、海を綺麗にすることを心がけましょう。
子供は、病気になるリスクが高いです。
また妊娠している女性が有害物質の含まれた魚を食べることで、赤ちゃんが障害を持って生まれることもあります。

ゴミを分別して、海に流れ出ないよう努力すれば問題ありません。
どのように処分すれば良いのかわからないゴミは、その辺に捨ててしまう人がいるでしょう。
しかしネットなどで調べると、必ずゴミの詳しい処分方法が記載されています。
知らないことは調べて、正しく処分しましょう。

大量の生き物が絶滅する

海には、たくさんの生き物が済んでいます。
ゴミをエサと間違えて食べてしまうと、そのまま死んでしまいます。
海でゴミが増えるとそのような事故が多発するので、生き物が絶滅する危険性があります。
地球上の生き物をこれ以上減らさないために、リサイクルをしなければいけません。
また海には、細かなプランクトンも生息しています。

サンゴはプランクトンを食べて生活していますが、海が汚れることでプランクトンも死滅します。
するとそれをエサにしているサンゴも生きられなくなり、サンゴ礁がなくなります。
どんどん負の連鎖に陥るので、ゴミがこれ以上増えないよう努力してください。
みんながリサイクルするようになれば、無駄にゴミが海に流れ出ないでしょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る