限りある資源だと理解する

森林破壊を防ごう

特に無駄遣いが深刻化しているのが、紙の資源である木です。
森林をたくさん伐採して紙を作っているので、地球上から森林がなくなってしまうと言われています。
しかし紙を再利用すると、伐採する必要がないので森林を守れます。
これまでコピー用紙やメモ用紙は、燃えるゴミに捨てていた人が見られます。
しかし紙類は、資源ゴミに該当します。

小さいメモ用紙でも変わりないので、分別してください。
他にも雑誌や新聞紙、牛乳パックなども資源ゴミに該当します。
身の回りにたくさんの紙製品があると思いますが、すべてリサイクルできるものです。
毎週決められた曜日に出しても良いですし、自分から紙を回収してくれる場所に持って行っても良いですね。

表も裏もしっかり使う

メモ用紙や書類は、表面だけ使って捨てるのはいけません。
もすぐに新しい紙を使っているともったいないので、裏面も使ってください。
印刷に失敗した書類は小さく切って、裏面をメモ代わりにすると良いですね。
コピー用紙やノートを購入する際は、再生紙と書かれているものを買いましょう。
再生紙は、紙をリサイクルして作られたものになります。

再生紙を選択する人が増えると、需要があると企業側にアピールできます。
ですからもっと、再生紙の製造に力を入れてくれるでしょう。
再生紙でも、真っ白い綺麗な紙なので仕事でも勉強でも問題なく使用できます。
自分だけでなく、周囲にも再生紙を勧めてください。
みんなで取り組むことで、環境に良い効果を発揮できます。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る