綺麗な環境をキープするため

有害物質を発生させない

適当にゴミを処分していると、有害物質がたくさん発生してしまいます。
森林や他の生物、さらに人間にまで悪影響を与えるので、発生を抑えなければいけません。
ゴミの種類を分けて捨てると、正しい方法で処理されます。
そのゴミに最も適切な方法で処理すれば、有害物質を発生することはありません。
地球環境を汚さずに済みます。

これまで、意味もわからずゴミを分別していた人がいるのではないでしょうか。
分別するのには、このような理由があります。
また、ルールを守らないで適当に捨てていた人もいるでしょう。
誰かがルールを破ることで、確実に環境が悪くなってしまいます。
今後は心を入れ替えて、リサイクルのルールを守ることを意識してください。

マークを見ればわかりやすい

缶でも、アルミ缶やスチール缶といった種類があります。
またペットボトルとプラスチックは見た目が似ているので、どちらなのか判断しにくい時があります。
そんな時は、リサイクルマークを見てください。
リサイクルできる製品には必ず記載されています。
素材の名前が書いているので、どの方法で捨てれば良いのかすぐにわかるでしょう。

見た目は似ていたり同じ缶でも、素材が異なるのでリサイクル方法も異なります。
アルミ缶とスチール缶を一緒に捨てると、どちらかをリサイクルできなくなってしまいます。
リサイクルできる素材なのに、そのまま捨てられるともったいないです。
捨てる前に、リサイクルマークを見ることを習慣にしましょう。
確認してから捨てると良いですね。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る