• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

綺麗な環境をキープするため

ゴミを分別して捨てるだけなので、難しいことではありません。 誰でもリサイクルを実行できると思います。 製品のパッケージに、リサイクルマークが記載されています。 それを見ながら、どこに捨てれば良いのか判断してください。 間違えないように注意しましょう。 続きを読む

リサイクルは難しくない

環境破壊を防ぐために、リサイクルをする必要があります。
ゴミといっても様々な種類があるので、きちんと分けてください。
どのゴミに該当するのか、わからない人がいると思います。
しかしほとんどの製品には、リサイクルマークというものが記載されています。
リサイクルマークにアルミやスチール、紙など素材の名前が書かれているのですぐに判断できるでしょう。
間違った分別ではリサイクルになりません。
わからなければ、リサイクルマークを確認してから処分しましょう。

資源を有効活用するためにも、リサイクルが推進されています。
製品を作るためには、資源が使われます。
資源は限りがあるものなので、このペースで使って行くと未来の分がなくなると言われています。
それでは製品を作れず、未来で生活を送る人が困ります。
紙の資源は、木です
森林を守るために、コピー用紙や雑誌などは全て資源ゴミとして処分しましょう。

その辺にゴミをポイ捨てすると、海に流れ出ることが多いです。
ゴミを魚が食べて、その魚を人間が食べると身体に害を与えます。
他にも魚を食べる海洋生物が大量に命を失うなど、複数の生き物にダメージを与えます。
有害な物質が含まれる魚を食べたことが原因で、大きな病気を発症することもあります。
ゴミは、決められた方法で捨てなければいけません。
使わなくなった家具や家電は、リサイクルショップに持っていく方法もあります。
お得に処分できるので、たくさんの人が利用しています。

限りある資源だと理解する

今は資源がたくさん残っているので、無限にあるものだと思っている人がいるのではないでしょうか。 ですがどの資源も、有限だと覚えてください。 このままでは資源がなくなって、生活を送ることが困難になります。 資源を無駄遣いしないためにも、リサイクルを心がけましょう。 続きを読む

海が汚れてしまう

ゴミが海に流れると、魚などの海洋生物が食べてしまう危険性があります。 それを人間が食べると、病気になるかもしれません。 健康被害が心配されるので、ゴミを減らして海に流れ出ないように注意しなければいけません。 そのために、リサイクルを実行しましょう。 続きを読む

▲トップへ戻る